クラウド会計サービスを提供する「freee」がシリーズDラウンドとして33.5億円の追加増資を今日発表した。第三者割当による資金調達で、引受先は未来創生ファンド、DCM Ventures、SBIインベストメント、Salesforce Ventures、日商エレクトロニクス、日本生命保険相互会社、Japan Co-Investのファンドおよび事業会社。今回の増資で2012年7月創業のfreeeの累計資金調達額は96億円となる。未来創生ファンドは2015年の設立。2016年11月現在、トヨタ、三井住友銀行など17社が出資していて、2016年5月末時点で運用額は216億円。

Freee(FR)と言えば、今競合のMoneyFoward(MF)と係争中です。
MFの勘定科目提案機能が、FRの自動仕訳機能の特許を侵害しているとして、FRがMFを訴えているものです。
これがFRの勝利に終わると、MFの値上げになるかもしれません。。
MFを使っている自分としては、そうならないことを願うばかりですが、FRの権利が正当なものであるならば、やはりイノベーションへのリスペクトという意味で、MFはロイヤリティを払うべきなのでしょう。

いずれにしてもこうしたスタートアップ同士が係争するのは珍しいかもしれませんね。
しかし今やいずれもFinTech銘柄の超有望株。負けるわけにはいかないのでしょうし、いずれも優秀な弁護士がついているのでしょう。

資金調達の額以上に、係争案件の方が気になってしまうニュースでした。